「包茎手術」タグアーカイブ

ほとんど痛いと感じない包茎手術

包茎手術を受ける男性は、術前は様々な不安を抱えているでしょう。
特に多くの男性が不安に感じるのは、痛みです。
包茎手術では、ペニスの根元に局所麻酔を注射器で行います。
手術中は局所麻酔の効果で感覚が鈍るので、痛いと感じることは一切ありません。
なかには包茎手術を受けている最中に寝ている人もいるほどなので、リラックスした状態で受けられます。
局所麻酔についても、少しチクッとするぐらいで極端な痛みではありません。
歯科治療での局所麻酔より痛みは感じにくいので、想像していたより痛いとは思わないでしょう。
それでも痛みに対して不安があるなら、術前に医師に相談して下さい。
クリニックによっては患者の要望に応じて、スプレーやシールを使って麻酔をしてから注射器を刺します。
そのため局所麻酔の痛みも感じないので、全ての不安を解消することができます。
痛みに対して自信がないなら、恥ずかしがらず事前に医師に伝えておくと良いでしょう。
不安な点は医師に伝えておくというのは、包茎手術では重要なポイントです。
痛みの他に費用などにも不安があるなら医師に相談をすれば、解決できる答えをくれます。
安心して包茎手術を受けるためには、積極的に質問することが大切です。

包茎手術に痛みはあるの?

包茎にお困りの人の救いとなるのが包茎手術。
あらゆる状態を治すことでき、本来あるべき姿を実現することができます。
何かと不便のある悩みですので早急に解決することが大事ですが、ただ中には包茎手術の際には痛みが凄そうで不安という人もいるのではないでしょうか。
では、包茎手術における痛みはあるのかというと、基本的には心配はないと言えます。
手術の際には麻酔をかけますので、無痛で済ませることが可能です。
こんなデリケートなところに痛みを与えるような施術は当然、行うことはありませんから、もし痛そうで不安という場合でも安心して治療を受けると良いでしょう。
ただし、麻酔が切れた後は痛くなってしまうことはあります。
堪えがたいほどの究極の刺激が襲ってくるようなことはないですが、ズキズキと深いところで感じるような不快感は避けることができません。
しかしながら、そうした時のために薬も処方してもらうことができます。
きちんと飲んでおけばそれほど辛い状況になることはありません。
それに、日を追うごとにどんどん不快感は消えていきますので、ずっと続くわけでもないのです。
一時的な痛みを気にして手術をしないのは今後の支障にもなるため、勇気を出して早めに決断することをおすすめします。

包茎手術の費用は安いのか

男性の泌尿器の悩みの一つとしてよく挙げられるのが、包茎の症状です。
包茎とは勃起時に皮がきちんとペニスから剥けない状態を指し、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎といった症状が挙げられます。
特に真性包茎、カントン包茎は完全に皮が剥けない状態になってしまうことや、勃起時に亀頭が隠れてしまうと言ったトラブルが起こるため、早急に医療治療を受けることが必要となります。
仮性包茎に関しては、保険診療外となり男性形成外科などで治療を行うと、7万円~10万円以上の費用で治療を行う必要が出てきます。
しかし真性包茎、カントン包茎に関しては医療行為が認められている症状なので、包茎手術の中では泌尿器科で保険適用で治療を行うことが可能です。
泌尿器科で治療を行う場合2~6万円と比較的安い費用で治療を受けることが出来るので、費用面で不安に感じている方も安心です。
ただ包茎手術で多くの男性が気にするのは、手術の仕上がりが綺麗かどうかという点です。
泌尿器科での治療の場合手作業での切開と縫合はせず、レーザーで焼く治療を行うので、どうしても傷口が残ってしまったりツートンカラーのペニスになってしまう恐れがあります。
仕上がりを気にするなら、保険適用外でも男性形成外科を受診する方も多いです。

包茎手術にかかる費用について

包茎というのは男性の悩みの種です。
デリケートな悩みなので男同士でもバカにされたりすることを恐れて相談しにくいという性質を持つ悩みの種なので、気軽に相談できることではないのです。
ましてや女性にしられたくない事柄なので、密かに手術を決断し、密かに手術を受けているケースが圧倒的に多いのです。
包茎手術の中でも症状は軽度な仮性包茎から病気と認定されている真性包茎までさまざまです。
真性包茎の場合には生活に支障をきたすこともあり、また自然治癒が全く期待できないことから必ず手術をすることをお勧めしています。
気になる包茎手術の費用についてですが、仮性包茎は比較的安く7万円程で治療を受けられます。
それに対して、真性包茎の場合は皮膚を縫い合わせる手術が難しいため、20万円程度かかってしまいます。
真性包茎の手術では亀頭直下埋没法が一般的であり、亀頭環状溝直下の皮膚を切除して縫い合わせる手術を行います。
この際にカリ首に合わせて縫い合わせることによってツートーンカラーになるのを防ぐことができる上手な医師がいる反面、手術が上手な医師でないとカリ首と陰茎で皮膚の色が異なってしまい、包茎手術をしたことが丸わかりになってしまうことがあります。

包茎手術が嫌なこと

包茎を女性に見られたくなくて、手術をする人がいます。
こういう手術を専門で行う医療機関があるので、行きやすくはなっているとは思いますが、万全ではありません。
まず、手術を行う担当の先生が女性だった場合、その先生に見られるのが嫌でそういった病院には行かないでしょう。
また、大部分の病院では、先生は男性ですが、回りの看護師が女性だったりします。
この場合も看護師の女性に見られたくないので、そういった病院には行きたくありません。
用は全てのスタッフを男性だけにするべきで、そうすれば、包茎手術をする人がもっと格段に増えます。
普通の病院の場合、こういった体制は不可能でしょうし、患者ファーストのため、こういったことをする必要もないかも知れませんが、包茎手術のようなやってもやらなくても良いようなものであれば、体制も考慮できるものと考えます。
もちろん、女性は子供を産むときには必ず男性の先生に全てを見られてしまうでしょうが、これは子供を産むという大変なことをやらなければいけないため、男性とか女性とかを意識していては大事な子供に支障がありますので、しようがないことでしょう。
将来はロボットがこういう部分をカバーしていると推測します。